渡辺えり代の日々のつぶやき、旅の思い出、四季折々の花紀行、CAWと香研究会IRIのお知らせ・レポート


by arts-wellness
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

グローバルな活動へ✨

寒中お見舞い申し上げます!
今年もよろしくお願いいたします✨
あっというまに1月も終わりつつありますね。

お正月明けから今までずっと仕事の用事が重なって、なかなか自分の時間がとれま
せんでした。

毎年、1月に体験したことは、その年全体を通して起こることを象徴するようですので、
2017年のはじまりとしては、幸先が良いスタートであるような気がしています!

今月は、台湾人の新しい友人が台湾から来日中の出版社の方々をご紹介下さったり、
大手日本企業の欧州オフィスの役員対象の文化体験でお香の会を行うご依頼をいただ
いたり、おかげさまでグローバルな活動が日々加速しています。

私自身はいろいろな国籍の人が集まる場所にいる状態が一番居心地が良くて、言語
・人種・国籍・世代の違いを超えた世界で共感できるなにかを提供する人でいたい
のです。

今はそれが香りで、さらに音楽やアートなども加えられたら、より充実した時間を
過ごせると感じています。

もうすぐ節分がやってきますね。
いただいたご縁を大切にして、新しい年をより充実したものにしましょう。






# by arts-wellness | 2017-01-25 13:28 | Comments(0)

感謝

冬至が過ぎて、あっというまに2016年も終わりつつありますね。

このブログは月に2回くらいしか更新していなくて、これから継続していくか
どうか迷っていましたが、フェイスブックで書けないようなことを記録するのに
良いツールかなと感じていますので、来年も続けることにしました。

今年は手術・入院をする人がまわりで多くいらっしゃって、国内外の有名人が
亡くなったというニュースも数多く、世の中全体が大転換期のような年でした。

私自身は帯状疱疹になったこと以外は、怪我、事故、大病にもあわず、無事に
過ごせたことはありがたいことです。

そして、いつも私を大切にしてくれている人たち、特に両親には感謝しています✨

年を重ねるごとに、本当にやりたいことしかできなくて、プライベートでも仕事でも
心の声と直観に従って、日々過ごしています。

私にとって今年は人間関係に変化が多い年だったように思います。

新しいご縁や再会の機会を今年は本当にたくさんいただきましたし、逆に距離が
できてしまった人もいらっしゃいました。

私は完璧な人間ではないので、なにかあるごとに、周りの人に「ありがとう」と
「ごめんなさい」を素直に伝えるようにしていますが、自分の力ではどうすることもできない
こともあります。

これからも無理せずに、自然な流れで、すべての人が佳き方向に進んでいくことを、
心から祈っております。

2017年が皆さまにとって、幸多き年となりますように✨
これからも どうぞよろしくお願いいたします!
# by arts-wellness | 2016-12-27 15:06 | 日々の想い | Comments(0)

2017年に目指したいこと

あっというまに12月になってしまいましたね。
東京は冬らしい陽気になり、冬至ももうすぐです。

良い税理士や仕事のお手伝いをしてくださる女性との出会いがあり、
師走に入っても、おかげさまで気分的にゆったり過ごせています!

今年は体調を崩している方が多く、私も鼻炎に悩まされていましたが、
最近は無理せずに、自分のペースで仕事をすすめています。

来年以降は世の中が大きく変わっていきそうですね。

2017年に仕事の内容をどういう流れにしていきたいか、じっくり
考えて、自分なりにまとめてみました✨

「自分の強み」を生かすことが何よりも大事だと再確認できました!


【外国人対象の文化体験ワークショップ(英語)】
◎2016年から正会員となったDMO六本木の活動
◎世田谷「香」サロンで少人数で行う聞香会
◎リトアニア・スイス・台湾で行うお香の講座

【美術館のワークショップ】
◎高齢者と小学生対象の香りのワークショップ
◎地産地消のお香づくり
◎認知症予防のための香りのワークショップ

【インターナショナルスクールの講座(英語)】
◎お香の講座
◎嗅覚教育

【人材育成】
◎お香入門通信講座
◎香スペシャリスト養成講座

【お香の注文制作】
◎結婚式・葬儀など特別な場で使うお香の制作
◎ファッションショー・コンサート・舞台などスペシャルイベントで使うお香の制作

【企業研修】
◎集中力・発想力・直感力・危機管理能力の向上のための香りのワークショップ
◎ストレスマネジメントプログラム
◎五感の活性化を目的としたワークショップ

【都内の大使館・大使公邸での香りのイベント】
◎オマーン大使館・大使公邸
◎小さな国の大使館

【香道具づくり】
◎地方の職人と丁寧につくりあげる香道具

【お香の本の出版】
◎お香づくりの本(日本語)
◎お香入門の本(英語)

【リトリート@子安の里】
◎小規模のリトリート(夢の実現への第一歩)


昨年とあまり内容は変わっていませんね。。。
同じことを長く続けることは大事だと思っています。

本当に好きなこと・得意なことを仕事にできて、幸運だと感じています。

まわりの人と比較して一喜一憂するのではなく、自分の心の声を聴いて、
ワクワクすることに集中することで、幸福感を得られると思います。

来年も今年に引き続き、海外に3回以上行くことになりそうで、今から
楽しみです! いろいろな国籍の外国人に囲まれている方が居心地が
良いのが改めて最近よくわかってきたのです。

皆さまも良い年末年始をお迎え下さいませ。
# by arts-wellness | 2016-12-01 10:25 | 日々の想い | Comments(0)

Expressive Arts Therapy Workshop


今日はいろいろ整理をして、過去をじっくり振り返る日でした。

10年前にハワイに1週間滞在して、受講したナタリー・ロジャース先生
(昨年亡くなられました)のExpressive ArtsTherapyのワークショップで
自由に表現した作品の数々。私がただ夢中になって描いた絵・立体作品・
直感的に書いた文章をみていて、本当になつかしく、涙が溢れてきました✨

そして、なんと、私が将来の夢として、具体的なプランをたてていた
小さなリトリートセンターの理想的な場所と建物の図面まで出てきました!

そこに書かれていた私の文章。

_______________________________
朝日とともに目覚め、お香を焚き、朝の祈りを捧げる。
正午になると、お香を焚き、昼の祈りを捧げる。
日没とともに、1日を振り返り、お香を焚き、夕日にむかい、
祈りを捧げる。

常に3、4人のゲストが世界中から集まり、ここに滞在するだけで
心と身体と魂を癒され、やがて自分の場所に戻っていく。

魂が歓ぶ人生を生きるために、自分の才能を生かし、社会に貢献できる
具体的なプランを皆がみいだせるように、私は働きたい。

地球に生まれてきたことに感謝して、太陽と月と星々、自然のめぐみに
寄り添いながら。
________________________________


偶然にも、私が14年前に米国のレスリー大学大学院で Expressive Arts Therapy
を学び、修士号取得のためにものすごく努力していた時にお世話になった恩師
ショーン・マクニフ教授から、先週メールをいただいたのも、なにか深い意味がある
かもしれません。

あの頃のピュアな心を取り戻して、自然な流れにまかせて、人生を送りたい。

今、目の前に起こっていることから、少しずつ夢の実現に近づくミラクルが
現れはじめますように✨




# by arts-wellness | 2016-11-01 20:41 | Comments(0)

2016年を振り返って

みなさま、お元気でしょうか。

私は欧州への旅から戻ってきて、帯状疱疹はほぼ完治したものの、鼻炎の症状が
4〜5日続いていて、今日もまだ調子が良くない状態です。

ブタクサの影響か、風邪か、原因がよくわからないのですが、病院にはなるべく
行きたくないのです。いろいろな方が、自然療法のいろいろなアイデアをくださって
いるので、実践してみようと思っております。

そうそう、世の中、ハロウイーンで盛り上がっていますが、仮装に全く興味が
なくて、人ゴミと騒音が苦手なので、なるべくこの時期、渋谷と原宿に近づか
ないようにしています!(笑)

明日から11月ということで、年内の予定もだいたい決まってきて、そろそろ来年
のお仕事をどうするか考え始めています。

そして、私にとって、今年一年を振りかえる大切な時期でもあります。
(え〜、気が早いと思われそうですが。。。)



約1年前にブログに書いた2016年目指したかったことを読み直しています。


【A】企業と組んですすめるプロジェクト
■お香と香道具の企画・製作・販売
■特別なお香の注文製作
■お香づくりキットの販売
■お香の本の出版(今年実現できませんでした。。。)

これは思ったよりもうまくいきませんでしたね。。。。
今もまだ試行錯誤中!
引き続き、少しずつ動いていく感じですね〜。

【B】美術館のワークショップ
■高齢者と小学生対象の香りのワークショップ
■地産地消のお香づくり
■認知症予防のための嗅覚を使ったアート表現のワークショップ

こちらは、横浜美術館の担当の方々と打ち合わせをしながら、ワークショップを
開催していただいたり、今後の活動の準備を始めたりしております。

【C】インターナショナルスクールの講座
■お香の連続講座(英語)
■嗅覚教育

こちらも、横浜インターナショナルスクールとモンテッソーリスクールで実際に
定期的にワークショップを開催していただいております。

【D】外国人対象の日本文化体験ワークショップ
■日本の伝統文化をわかりやすく伝えるワークショップ
■聞香会&特別なお香の注文製作

最近、なぜかありがたいことに、フランス人の方々からお仕事のご依頼やサポート
を受けることが多いのです。今年の仕事のハイライトは、ジュネーブの香料会社
でのお香の講座でした!良い結果が出せて、本当に感謝しております。
今日のニュースで外国人旅行者が今年すでに2千万人を突破したと報道しています
ので、この分野はこれからもっと需要が増えると確信しています!

【E】人材育成
■お香入門通信講座
■香スペシャリスト養成講座(初級編・中級編・上級編)

人材育成は少しずつひろがっていまして、通信講座と養成講座どちらも地道に活動を
続けております。

【F】企業研修
■集中力・発想力・直感力・危機管理能力のアップを目的とした香りのワークショップ
■香りによるストレスマネジメントプログラム
■香りによる五感の活性化を目的としたワークショップ

いろいろなお話はいただくのですが、今年でなく、来年以降の実施ということで、
まだまだ自分なりに精進しないといけない分野です。

【G】都内の大使館・大使公邸での企画イベント
■オマーン大使館・大使公邸
■ベラルーシ大使館
■いろいろな大使館におけるイベント開催の準備

オマーン大使館とベラルーシ大使館では今年2回ずつイベントを開催できました。
来年はどうなるでしょうか。

これから2週間くらいかけて、来年のお仕事のこと、じっくり考えま〜す✨









# by arts-wellness | 2016-10-31 17:30 | Comments(0)

ジュネーブ滞在記【7】


今、北京の空港のラウンジで羽田行きのフライトまでゆったりしています。
ここではfacebookは使えませんし、Wifiも時間がかかります。

今回利用したAir Chinaは往復北京乗り換えなので、セキュリティーチェック
を2度受けましたが、担当の中国人女性の投げやりで不服な態度が気になり
ました。自分で希望した仕事ではないのでしょうが、一時的に入国した
外国人に対して悪い印象を与えていることに全く自覚がないのでしょうね。。。
どんな仕事でも笑顔で接することは大切だと感じます。

海外旅行は楽しいですが、セキュリティーチェックだけは自分が囚人になった
ように感じて毎回疲れます。。。

髪留め、ネックレス、iPhone6, MacBook Air、ブーツ、ベルト、コート、ショール
など、すべて検査するために、取り出して、身体全体に触れられながらチェックを
受けた後に、またすべて身につけるという行為は、気分が悪くなります。
担当者が明るい笑顔で感じがよければ、良いのですが、、、まるで囚人を扱うような
威圧的な態度に不快感を覚えるのです。。。

20年程前にたびたびアジア全域を旅行をしていた時は、こんなに厳しく
ありませんでしたので、今は本当に大変ですね。

いずれにしても、ジュネーブへは東京から直行便がないので、北京乗り換えで
あっても、価格の安さに加えて、180度フラットになってベッドで眠れるような
座席のAir Chinaのビジネスクラスは、またぜひ利用したいと思っています。

さて、昨日はジュネーブでANAのマネージャーとお会いした後に、国連の英語の
ツアーに参加しました。ガイドが有能な20代の中国人女性で、てきぱきとした
態度でいろいろな説明をして下さり、とても感銘を受けました。

ジュネーブに住む人は、スイス人であれ、外国人であれ、3カ国語以上話せる人が
ほとんどではないかしら。複数の言語を自由自在に操る人は、脳の働きが普通の人
よりも早いような気がします。そして、物事を俯瞰して、とらえているのが
わかります。

私がフランス語やスペイン語を話すことは一生ないと思いますが、真の意味での
グローバルな人たちとこれからも深く交流していきたいなあと実感。

そして昨日の午後は、ジュネーブの中心地のそばのレマン湖にあるBains des Paquis
へ。スイスに来たからには、チーズフォンデュを食べたいと思っていたので、夢が
叶いました。ここでは、マッサージも受けられて、オススメの場所です。

冬の服装をしている人が多い中、レマン湖のビーチで泳いでいる20代のスイス人
男女14名程をみかけて、ビックリ。

湖の水は透明感があって、すごくキレイで、山々に囲まれて、地上の楽園のような
場所だと心から感動しました。

今回の約2週間の旅は、直前に帯状疱疹になってしまって、不安を感じていたの
ですが、現地の人たちに本当に親切にしていただいて、各地で新しい友情が育まれ、
恵まれた時を過ごしました。そして、お香の香材としての琥珀について、たくさん
学ぶことができて、ミラクルの連続でした✨各地で有意義な体験ができて、一緒に
過ごして下さった人全員に感謝しています。

来年は夏にヨーロッパを訪れます!











# by arts-wellness | 2016-10-11 16:00 | 聖なる香りの旅 | Comments(0)

リトアニア滞在記【3】

今日は昨日初めてお会いしたRolandaz Zalimasさんご夫妻と息子さん二人
と5人で、車で世界遺産のクルシュー砂州を訪れました!

琥珀で有名なニダでは、東京からメールで連絡をとっていた世界的に知られる琥珀
の専門家Kazimieras Mizgirissiさんの琥珀ミュージアムを訪れ、ご自宅でランチを
ごちそうになりました✨琥珀の産地として有名な岩手県久慈を旅したこともあるそう
で、日本が大好きとのこと。

なによりも驚いたのは、日本から天皇皇后両陛下がリトアニアをご訪問された時に、
琥珀についてご説明をされたという貴重なお話✨

現地のリトアニア人とのお話で、リトアニアには原発がなくて、地球環境に意識を
むけている人が多く、再生可能な自然エネルギーをメインに使っていること、
お給料の高いイギリスやドイツで仕事をみつけて移住する若い人が多いことを
知りました。

夕方にクライペダに立ち寄り、旧市街を散策しましたが、あまり魅力的でなく、
今回滞在しているパランガの方がはるかに心地良い場所であるのがわかりました。

パランガは日本人のツアーグループが訪れたことは今までなくて、個人旅行者が
月に2人程訪れるくらいで、日本人をみるのは初めての人ばかりでした。

私の印象では、パランガとニダはマサチューセッツ州のケープコッドと波動が似て
います。エネルギーレベルが高く、ただそこにいるだけで、生命力がチャージされる
ようなパワースポットなのです✨

今回の素晴らしいご縁から、来年の夏にまたリトアニアを訪れることを皆さんと
約束しました!聞香会と私のオリジナルのお香のワークショップをリトアニアで
行います✨

明日は早朝にパランガ空港に行き、ワルシャワ経由でジュネーブに戻り、日本文化
のイベントを企画されているANAの日本人マネージャーとお会いした後に、夜の
フライトで東京に帰ります!2週間ぶりに美味しい日本食を食べたいです。















# by arts-wellness | 2016-10-10 01:19 | 聖なる香りの旅 | Comments(0)

リトアニア滞在記【2】

今日は東京のリトアニア大使夫人のアレンジで、現地のリトアニア観光局の
方ご推薦の琥珀の専門家ご夫妻と琥珀セラピーのドクターと共に有意義な
時間を過ごしました。

首都ヴィルニュスの観光局の担当者のご好意で、パランガの観光オフィスの女性が
通訳として同行して下さり、本当に助かりました!

貴重な写真をたくさん撮れましたし、いろいろな英語の資料や琥珀のお香も
プレゼントしていただき、頭が下がる思いです✨

昨晩ホテルのスパで受けた琥珀セラピーは60歳くらいのシャーマンのような
美しい眼をした女性が担当でしたが、今日は少しアジアの血が入っている感じの
やさしい雰囲気の男性でした。90分間のセラピーを無料体験させていただいた上
に、民間療法でよく使われている健康器具までお土産に下さり、大満足でした!

御礼に、滞在先のホテルのロビーで、お香のお話と聞香会をプレゼントしました。
観光客の女性と琥珀の専門家ご夫妻はとても気に入って下さり、ぜひ来年リトアニア
でお香のイベントを企画しましょうと提案して下さったのでした✨

そして、最後に私のリクエストで皆でバルト海のビーチまでドライブへ。
そこでは幸運にも、滅多にありえないことが起こりました✨
なんと、白い砂の中から、バルト海の琥珀をみつけて下さり、私にプレゼント
してくれたのです!昔は嵐の後に、ビーチでよく発見することがあったようですが、
今はほとんどないと聞いていましたので、この琥珀は、リトアニアで授かった
宝物として一生大切にしたいです。

昨日からリトアニアの人たちと接して感じたのは、ビジネスライクな人が少ないこと。
バーター(物々交換)によって、お互いにできることを提供する意識が高いこと。
経済力と関係なく「徳の高い人」が多いこと。海外の都市部のスピリチュアルな人々
は残念ながら、エゴの強い人が多いのですが、リトアニアの人たちは、自分でなく
相手のことをまず考えて行動する人が多いようです。そして、みえるものよりも、
みえないものを大切にして、繊細な感性の方が多く、言葉を超えたコミュニケー
ションがとりやすいです。「以心伝心」が当たり前の社会なのかもしれません。

私がずっと興味があるのは、リトアニアの言語とサンスクリット語に共通性が
多い点です!古代文明の智恵が、今も継承されている国なのでしょうね✨

さて明日はどんなことが起こるか、楽しみです。



# by arts-wellness | 2016-10-09 01:40 | Comments(0)

リトアニア滞在記【1】

昨晩遅くにリトアニアのパランガ空港に着き、夜中にホテルに入りました。

今朝はホテルで美味しい朝食をいただいた後にパランガ琥珀博物館へ行き、琥珀の
専門家に2時間半かけて案内していただきました✨

パランガは長い間琥珀の加工の中心地だったそうで、博物館には2万を超える琥珀の
コレクションがあります!バルト海の琥珀は3千万年〜4千万年前のもので、
不思議なヒーリングパワーに満ちています!

博物館の建物そのものが1897年に建てられた宮殿の中にあり、一見の価値が
あります。

そして、午後は東京のリトアニア大使夫人にすすめていただいた宿泊ホテル内の
スパで琥珀セラピーを受けました✨琥珀が発するエネルギーに、アトランティス
の叡智が秘められているのを感じて、涙が溢れてきました✨

今回のリトアニアの旅はこのセラピーを受けられたことだけで、大満足です!

明日、明後日もリトアニアの琥珀の旅は続きます。




# by arts-wellness | 2016-10-08 02:02 | 聖なる香りの旅 | Comments(0)

ワルシャワ滞在記


今、ワルシャワの旧市街のおしゃれなレストランで早めの夕食をいただいています!
Wifiも無料で使えて、快適です✨

ジュネーブはカフェの食事でも日本円で3〜4千円くらいしますが、ここワルシャワ
は2千円以下で豪華な食事ができます。

今日は朝5時に起きて、Marie-Audeが2日前に電話で予約してくれていたタクシー
を待っていましたが、予定の時間を過ぎても現れず、しかたなく、トラムの駅まで
重いスーツケースをもって歩いていき、バスに乗り換えて、ぎりぎりでジュネーブ空港
に無事に到着✨今回学んだのは、ジュネーブではタクシーがあてにならないこと。

世田谷では早朝から夜遅くまで流しのタクシーがみつかるので、結構大変
でした。そして、ジュネーブでは残念ながら、英語が話せるタクシードライバーが
少ないのです!

生まれて初めてワルシャワの空港に着いて、タクシーに乗ったものの目的地
の手前でおろされてしまい、しかもVISA、MASTERどちらも使えるはずが、
マシーンが故障していて、支払いができず一悶着。結局、手持ちの10ユーロで
許していただきました。

琥珀ミュージアムでは地質学者の男性が3時間もの間ずっと英語で琥珀について
説明をしてくれました!!入場無料で、琥珀のジュエリーを売りつけることもなく、
信じられないことに琥珀の本までお土産に下さったのでした!! 古代エジプトの
時代からアンバーロードが存在していたことには驚きました。琥珀が好きで好きで
たまらないのが伝わってきて、涙が出る程感動しました✨

ワルシャワの空港に降り立った時は、ジュネーブに比べて、波動が暗くて、人々が
苦悩を感じて生きている印象があったのですが、個人的にポーランド人とお話を
すると、すご〜く温かくて親切なのです。

今回のポーランド滞在はたった8時間くらいですが、また訪れたいと感じました。





# by arts-wellness | 2016-10-07 00:21 | 聖なる香りの旅 | Comments(0)

ジュネーブ滞在記【6】


昨日はトラムに乗ってジュネーブ美術歴史博物館と自然史博物館へ
行ってきました。どちらも入場無料で、コレクションも展示の仕方も
なかなか素晴らしかったです!

そして、昨晩はMarie-Audeのリクエストで、手づくり餃子・和風サラダ・味噌汁・
イタリア産日本米のご飯をつくりました。ご主人も高校生の息子二人も美味しい
と歓んでくれて、楽しい食事会となって嬉しかった✨

今朝はMarie-Audeのイギリス出張前に二人でハマム(アラブ風スパ)へ。
レマン湖が目の前という最高のロケーションとエキゾチックなインテリアの
スパで良い想い出になりました。でもやっぱりマッサージは日本人の方が丁寧で
良いかなあ。。。

これから一人で近所の公園を散策します。そろそろ秋の紅葉が始まりつつあり、
美しい自然を満喫します!

いよいよ明日はポーランドのワルシャワへ。
琥珀の専門家と約束があるので、空港からタクシーで移動する予定。

今回のジュネーブ滞在は突然6月に決まって、トントン拍子にいろいろなことが
進んで、本当に幸運でした。帯状疱疹はまだ完治はしていませんが、無理をしないで
日々過ごしているので、体調をなんとか整えています!

いつも、人との出逢いと不思議なご縁から、予期せぬ「ミラクル」が起こっています。
明日からは一体どんなことが体験できるかワクワクします✨





# by arts-wellness | 2016-10-05 19:16 | Comments(0)

ジュネーブ滞在記【5】


真夏のような暑さから突然冬のような気温に下がったジュネーブ。

昨日は初めて一人で公共の交通機関を使って、国際連合ジュネーブ事務局と
赤十字ジュネーブ本部を訪れてみました。緑豊かな素晴らしい場所にあり、ジュネーブ
が国際都市であるのを実感。ここに世界中から優秀な人材が集まっている印象があります。

そして、旧市街へ。
ジュネーブは宗教改革があった場所。
宗教改革の指導者の一人ジャン・カルヴァンが本拠地としたサン・ピエール大聖堂では
ちょうどパイプオルガンの演奏をしていて、久しぶりにその荘厳な音色に包まれ、
魂が癒されました✨

スイスの都市は物価が非常に高く、手軽なレストランやカフェも少なく、低予算で
個人旅行をするには、ちょっとハードルが高いところかもしれません。

印象としては「大人の街」という感じですね。
電車の改札、バスのチケットのチェックがなく、すべて個人の責任と相互の信頼から
成り立っているのです。まれに、抜き打ちでチケットをみにくることがあるらしい
ですが、たぶんほとんどなさそう。
もちろん、券売機で真面目にチケットを買いました!

ざわざわした喧噪がなく、危険を感じることもない落ち着いた街。
そして、スイス人に英語で質問をすると、100%確実に親切に教えて下さい
ます!どこかの国みたいに、適当に間違った情報を言う人はいません✨(笑)









# by arts-wellness | 2016-10-04 17:33 | Comments(0)

ジュネーブ滞在記【4】

a0188746_02394886.jpg
昨日の午前中はMarie-Audeと欧州最大級の美しい湖「レマン湖」を見下ろす
絶景スポットに車で出かけ、スイスの魅力について、そして、香りの調香に
ついて、お話を聴きました!

ここ数年の傾向として、ハイレベルの大学院教育を受けた国際的感覚をもつ
フランス人がパリを離れて、海外移住するケースが増えているそうです。

パリは、深刻な移民問題、経済の低迷、テロによる治安の悪化などで、生活の質が
急激に低下していて、非常に住みにくくなっており、かといって、自ら政治に
関わって、社会を変えることはほぼ不可能だと感じているようです。

一方、スイスは永世中立国で安全を確保でき、26の州から構成されていて、
それぞれの州が独自の憲法、議会、政府、裁判所をもち、直接民主制という
他の国にはない制度を持っているのが、魅力らしいのです。

個人が政治に影響力を及ぼすことが可能であるため、社会を変える力をもてる
とのこと。もちろん、フランス人がスイス国籍を取得するのはそう簡単では
なくて、かなりの年月を要するようです。

ジュネーブを訪れて実感できたのは、空気が綺麗なこと、水道水が美味し
くそのまま飲めること。美しい湖と山々に囲まれ、生活環境に恵まれて
いて、テロ事件がなく安全であることは、最大の魅力といえます。

最近は、パリ、ロンドン、ニューヨークにプライベートで出かけたいと
思わない理由は、空気が汚くて、交通渋滞がひどく、水道水が飲めなくて、
生活環境が非常に悪いからなのです。大都会の刺激的な暮らしは、
今は全然興味がありません。世田谷区は空気感がのんびりしていて、
暮らしやすいと感じています。

今回一番驚いたのは、髪の毛を3日間シャンプーしなくても、全然平気な
ことでした。東京では、2日に1度はシャンプーしないと気持悪くなるのに
どうしてなのでしょうか? そして、シャンプーしてドライヤーで乾かすと、
髪の毛がフワフワになり、ボリュームが出て、すごく良い感じになるのです!!
たぶん、ジュネーブの水が私の身体に合うのでしょうね。

そして午後は、Marie-Audeが大好きな街Carougeを訪れました。
なんと、ちょうどその日は日本祭りをしていて、びっくりしたのは、手づくりアンコ
を使った和菓子コーナーが長蛇の列で大人気だったこと。

Carougeは、18世紀に領土争いをしていたジュネーブとサヴォイア公国が停戦
協定を結んだトリノ条約によって、サヴォイア公国側に入ったことで、街全体が
北イタリアの雰囲気そのものです。

かわいいショップやギャラリーがたくさんあって、まさにアートの街✨
普通の観光客は訪れないようなところですが、温かい雰囲気に溢れて
居心地が良かったです!



# by arts-wellness | 2016-10-03 14:05 | 聖なる香りの旅 | Comments(0)

ジュネーブ滞在記【3】


昨日は電車でジュネーブからチューリッヒに日帰り旅行をしました。
日本の新幹線のような乗り物はスイスにはなく、のんびりと風景を楽しみながら
移動する旅。

今回チューリッヒを案内してくれた友人Giuliaは、Japanese Incense Ceremony
で検索し、私の仕事のホームページを見て、世田谷に聞香体験と書道体験に来て
くれた美しいドイツ人女性。今では彼女の聞香体験の写真をホームページで使わ
せてもらっています✨

Giuliaはケルン出身で、10年以上チューリッヒに住んでいて、最近転職して大手
保険会社のマネージャーとして活躍しています。世界中を一人旅するのが趣味で、
また来年も日本を訪れる計画を立てているようです。屋久島が彼女のお気に入り
の場所らしい。

二人がまず訪れたのがMuseum Rietberg。アジア、南米、オセアニア、アフリカなどの
美術に特化した世界でも珍しい美術館。19世紀半ばに絹貿易で財をなしたオットー・
ヴェーゼンドンクが建てた優雅なヴィラは歴史的建造物としても価値がありそう。
緑と花々に囲まれた小高い丘からは湖も一望できます!

そして、Giuliaとお母様がよくいくお気に入りのレストランでチューリッヒ料理の
ランチ。すごく古典的なインテリアと丁寧なサービスで特別な時間を過ごせました。

午後はスイス屈指のパワースポットとして世界的に有名なEmma Kunz Grotto &
Museumへ。Emma Kunz(1892-1963)が発見したこの石切り場の石は特別な
ヒーリングパワーをもつらしく、この地にセンターを開いたそうです。

Giuliaと私は、この石切り場の洞穴で30分間瞑想をしました。
今朝起きてもまだそのパワーの熱を感じています。

今回自分へのお土産として、この石切り場の石のパウダーとEmmaがブレンドした
ナチュラルな精油を購入✨

リウマチ、関節炎、神経痛などにすごく効果があるとのことで、楽しみ!










# by arts-wellness | 2016-10-02 17:27 | 聖なる香りの旅 | Comments(0)

ジュネーブ滞在記【2】


昨日は無事にFirmenichの調香師グループに「お香のお話と聞香会」を行うことが
できました✨ みなさま、すごく歓んで下さり、ホッとしています。
実はまだ帯状疱疹が完治していないので、今回の旅の一番の目的を無事に果たす
ことができて、良かった!

その後は、Marie-Audeと一緒にオーガニックな食材を扱うスーパーマーケットに
車で出かけ、夕食の買い物をしました。東京にはないものもたくさんあって、
エンターテイニングな場所✨ジュネーブの人たちは、地球環境や食材の安全性
などにこだわる人が増えているみたいですね。そして、礼儀正しく、ピュアで
素直な性格の人が多いです。

夜はMarie-Audeのご両親がパリから親戚の用事のためにいらっしゃり、広い
テラスでカクテルパーティ。お父様は黒澤明監督の映画が大好きとのことで、
大好きな日本についていろいろなお話をして下さり、数年前の帯状疱疹の体験談
から共感し合えたのでした。今年6月に東京でお会いしたお母様はいつも溌剌
として明るく聡明な女性で、日曜日にスイス料理をごちそうして下さることに
なり、感激✨

時差ボケの私は途中で失礼して、熟睡でき、目覚めも良いです。
今は現地時間 朝6時過ぎ。
これからチューリッヒに住むドイツ人の友達と出かけます。








# by arts-wellness | 2016-10-01 13:13 | 聖なる香りの旅 | Comments(0)

ジュネーブ滞在記【1】


スイスの香料会社Firmenichの調香師Marie-Audeにお招きいただき、ジュネーブの
ご自宅に無事到着しました✨
今回初めて羽田ー北京ージュネーブのAir China便を利用したのですが、快適な
ビジネスクラスの180度フラットシートのおかげでベッドのように眠れて、全く
疲れませんでした!

Air Chinaのホームページで予約すると、ANA のマイレージに加算されますし、
なによりも日本や欧州のエアラインの約半額でビジネスクラスを利用できる
ので、欧州出張にはオススメです✨
Marie-Audeの森に囲まれた築4年のアパートメント(300平米くらい)はシンプル
モダンなインテリアで、細かいデザインが洗練されているだけでなく、全室床暖房
なので、快適そのもの。私は隣にあるゲスト用の独立したスタジオを8日間一人で
自由に使わせていただいております。
しかもジュネーブ国際空港から車で30分程で、交通の便も良い場所です✨
来年もジュネーブに滞在することになりそうで、素晴らしいご縁をいただき、
本当にうれしいです!

キッチンやバスルームのデザインが機能的で美しく、ソファやテーブルも使いやすく
ヨーロッパ人のデザインセンスから学ぶことは多いです。

Marie-Audeとご主人、そして高校生の息子さん二人はパリ生まれのフランス人
ですが、本当にフレンドリーで、もちろん英語も堪能で、旧知の友達のように親切
にして下さり、感謝しています✨

20年ぶりのスイス滞在、ゆったりと楽しみたいと思います!
(前回はバーゼルアートフェアとその周辺だけしか訪れていません)

今日はこれから徒歩圏のレマン湖を散策して、午後はFirmenichで聞香会を
します。




# by arts-wellness | 2016-09-30 15:38 | 聖なる香りの旅 | Comments(0)

魂が悦ぶ出会い


体調が少しずつ回復してきて、昨日は「チベット死者の書とお香」の講座と
「ハープ演奏・聞香会」、そして今日は「塗香づくり」の講座を行いました。

昨日はアメリカ人のロザリンさんがご主人と初めてご参加下さり、最後に私に特別に
ご好意でヒーリングまでしてくれて、本当に感激しました✨
その純粋な思いやりに満ちた姿勢が真摯で、動きのすべてに真心がこもっていて、
光に包み込まれるような大きな無償の愛に溢れていたのです。

ご縁をつないでくれたアイリンさんに感謝✨

そして、先ほどいらした女性は元国際線のスチュワーデスでご主人と会社を
経営されていて、双子の男の子のママ。ノーメイクなのにナチュラルな微笑みが
美しく、うちから車で15分くらいのところに住んでいるとのことで、初めて
会った気がしないくらい、しっくり馴染んでしまい、いろいろなお話をしました!

「エゴがない人」って醸し出すエネルギーが軽やかで、一緒にいて楽しくなります。

ここ1年ほどは魂が悦ぶ出会いが続いています。
みなさま、誰のご紹介もなく、インターネット上でホームページをご覧になり、
私が仕事を通して目指している世界に共鳴されて、なにかピン!ときて、突然
ご連絡をくださるというかたちで、講座にご参加されるのです✨

自分から外に向かってがんばって探しにいくのではなく、向こうから私をみつけて
ご連絡くださるのは、なにか意味のある魂同士の出会いで、つながりが深いご縁
なのかなといつも感じます✨

東京はずっと雨で、どんよりした天気が続いています。
天然の香しい香りで気分をアップしましょう。







# by arts-wellness | 2016-09-23 15:40 | Comments(0)

帯状疱疹


9月上旬にいろいろなことが重なり疲労がたまっていた上に、夏バテと
ストレスが原因で、先週前半に、生まれて初めて帯状疱疹になってしまいました。

普段はほとんど病院に行くことがなく、薬も飲まないようにしているのですが、
さすがに今回は痛みが尋常でなかったので、病院に行ってみたところ、帯状疱疹と
診断されたのでした。

本日2度目の診察で、担当医に来週木曜日から予定通り海外へ行っても良いと
いう許可をいただき、ほっと一安心✨ 
タイミング的にゆっくり休養できてラッキー。

日本人女性の3人に1人がかかる帯状疱疹。
担当医によれば、一度かかると再発はしないそうですが、ネットの情報では
再発もあるような。。。



みなさまも、普段と違うタイプの痛みを感じたら、大きな病院の皮膚科に行って
ください。薬による治療が少し遅れると、神経痛みたいになるそうです。

母から「旅行前になってよかったね」と言われ、本当にそう思います。

今回、同じマンションの年上の友達にすごくお世話になり、感謝しています。

あたたかい声をかけてくださった人もたくさんいらして、ありがたいことです。

これからは、なにもかも抱え込まないで、ストレスのない生活をします!

お香づくりの講座を延期することになってしまいまして、参加者の方々に
ご迷惑をおかけして、ゴメンナサイ✨

facebookはしばらくお休みしていました。
考えてみたら、facebookは心身ともに健康で充実した日々を送っている時は
良いですが、そうでない時にはストレスの原因になります。
病気でつらい時に「今、寝込んでいます」って、私は書けないですから。。。
「いいね!」を押していただいたから、こちらも押さなきゃっていう義務感みたい
なものって、考えたら疲れますよね。。。もっとゆる〜く使いたいです!
そもそも信頼できる本当の友達ならそんなこと関係ないと思いますが。。。
でも、この日本語のブログに書くことはなぜか安心感があります。
文章の内容をグローバル企業のツールで解析されていないような感じがして。。。

世田谷の「聞香会」だけは休まずに行ったのですが、実はいつも自分自身が
伽羅の香木の香りで癒されていますので、「なんて恵まれた仕事なのだろう!」
と改めて感じました✨

明日からいつも通り、仕事をします✨











# by arts-wellness | 2016-09-21 16:38 | Comments(0)

香スペシャリスト養成講座(初級編)の講座内容をリニューアルして、10/21(金)から新たに開講することになりました✨平日の開催ですが、ご興味のある方はご連絡お待ちしております。


今まで一般事務のお仕事をされていて、将来の雇用不安を感じている40~50代の女性で、定年に関係なく続けられる新しい仕事を模索している方にオススメです。


香スペシャリスト養成講座が目指すゴール

日本の香道だけでなく、世界の香文化や香の薬効について正しい知見を得て、香の良さを現代生活に活かすための実践的メソッドを体得し、それを仕事や日々の暮らしの中に取り入れ、心身のウエルネスと地球環境への意識の向上を目指す。

伝統的な香を現代生活に活かす方法を学べる講座

人類が火を使うようになってから焚かれていた香(インセンス)は元来神仏に捧げるものでした。「香薬」という言葉に象徴されるように、香は本来「薬」。嗅覚や匂いに関する科学的解明は世界で今注目されている分野です。伽羅や沈香など貴重な香木の香気をそのままの状態で純粋に味わうだけでなく、練香や古代エジプト薫香キフィのつくり方を応用してオリジナルのインセンスを創作していただくことで、室町時代から伝えられる「香十徳」に隠された真理を体感していただきます。


対象者(初級編)

対象となる方は、将来、中級編・上級編まですべて受講されてからお香の教室を開きたい人、医療施設・高齢者施設・ヨガ教室・エステサロン・カフェなどの空間で焚く四季折々のインセンスをお好みの香りでつくりたい人などです。


講座内容(初級編)

【1】 「香」とは?

【2】 新しいスタイルの香道『聞香』体験・香十徳の体感

【3】 世界の香文化の共通性と香のもつ不思議な力

【4】 沈香

【5】 白檀

【6】 乳香

【7】 お焼香づくり

【8】 平安時代の薫物・練香づくり

【9】 古代エジプトの薫香・キフィづくり

【10】香りと嗅覚

【11】嗅覚教育

【12】オリジナルのお香づくり


■会場:世田谷「香」サロン (桜新町駅・上町駅

■講師:渡辺えり代(香研究会IRI代表)

■申込先:eriyo@arts-wellness.com 080-6552-4709

■受講料(材料費別途・事前振込):初級編 1回 12,000円(90分x12回)

■個人レッスン(事前振込):初級編 12回 36万円(お好きな日時で開講)

遠くに住んでいらっしゃる方や超多忙な方にオススメです。


# by arts-wellness | 2016-09-11 17:55 | Comments(0)
昨日は重陽の節句でした。
もうすぐ秋分の日ですね。

おかげさまで、ジュネーブ・チューリッヒ・ワルシャワ・パランガ(バルト海沿岸の
リトアニアの都市)への出張の準備はほぼ整いました。
リトアニア大使夫人には本当にお世話になりまして、感謝しております✨
そして、ジュネーブ在住のフランス人Marie-Audeとチューリッヒ在住のドイツ人
Giuliaには滞在中それぞれのご自宅に泊めていただくことになり、物価の高い
スイスで本当にありがたいことです✨

実は夏の間、近所のスポーツクラブで体幹を鍛えようと毎日股関節を動かしながら
負荷をかけて水中ウオーキングをしていたのが原因で、股関節が過度に疲労して
しまい、長く歩くと右足の付け根に痛みを感じるようになり、10年前からお世話に
なっている自宅から徒歩3分の治療院で鍼灸治療を受けています。

ころんで怪我をしたわけではないので、それほど深刻ではありませんが、運動も
調整する必要があるのだなあと反省。

やはり年齢とともに体力が落ちてきますので、仕事の専門性を日々高めていかない
といけないなあと感じています。あれこれ手をひろげるのではなく、専門家になって
見識を深めることが、細く長く仕事を継続していくために重要です。
そして、なによりも健康管理。とくに日々の食事と運動は大事。

今月末に出発する欧州出張のレポートはfacebookでなく、こちらのブログで
毎日じっくりふりかえりながら書こうと思っています✨





# by arts-wellness | 2016-09-10 14:12 | Comments(0)

秋に向けて準備中✨

あっというまに夏も終わりに近づいてきましたね!

オリンピックでは日本人が毎日大活躍で本当に嬉しいですね。

皆さまは、この夏いかがお過ごしですか?

私は15年前からスタートした仕事のホームページwww.arts-wellness.comを
3年前から利用しているJimdo上で、いよいよ旧レイアウトから新レイアウトに
変更しなければいけなくなり、1週間くらいかけて、改訂作業をしていました。

プロにまかせようかなとも思いましたが、シンプルな作業ですし、画像や
テキストの色など、自由に決められるので、自分の好きなようにデザイン
できて、良かったです! まだ完璧ではないのですが、ようやくほぼ完成
して、ホッとしています。
http://www.arts-wellness.com

HPの英語のページは地球全体の人に情報を発信できるので、私の仕事にとって
とても重要なツールなのです。

今年春から夏にかけて、スイス人、フランス人、ドイツ人の方々が、次々と東京
のサロンにおいで下さったのは、私が作成した英語のHPをご覧になったからです。

そして、そのご縁で、今年の秋にジュネーブの大手香料会社とプライベートバンクで
お香の講座、チューリッヒの個人邸で聞香会を開催していただくことになりまして、
今月はそのための準備にかなり時間をかけています!

世の中全体的に、今年の9月末〜11月末くらいに、大きな変容が起こりそうで、
8月末までにゆっくり時間をかけて整理をして、自分の中でできることをきっちり
やっておかないといけないなあと感じています。

都会の酷暑が年々苦手になり、気温の上がる日中はあまり外出しないようにして、
冷房のきいた心地良い部屋で作業していることが多いのですが、今年の秋からは
どんどん海外に出て行こうと思っています!

スイス滞在中に、初めてポーランドとリトアニアに立ち寄ることになり、今、
大使館やインターネットから情報を集めています。

ジュネーブとチューリッヒには、何でも話せるようなフランス人とドイツ人の
女性の友人がいらっしゃいますので、これからも毎年夏の始めか終わりに、東京の
酷暑を避けて訪れる予定です✨普通の観光客が訪れないパワースポットにも
連れて行ってもらうことになり、今からすごくワクワクしています!

皆さまも、実り豊かな秋を迎えるために、心身の健康管理に意識をむけながら、
素敵な夏の終わりをお過ごし下さいね!









# by arts-wellness | 2016-08-19 14:52 | 日々の想い | Comments(0)

今から約8年前、ある方から伽羅の香木を授かりました。

かなり大きいサイズ(私の心臓くらい )でしたので、名前
をつけようと思い立ち、内から湧き上がるインスピレーションの
まま天女の「羽衣」と名付けました♡

私の伽羅の香木のコレクションの中で最も高貴な香気を放ち、
今でも私の一番のお気に入りの香木です。

以前私の講座を受講されていた女性が森の樹木の精霊とお話が
できる不思議な力をもっていると知って、ある日「羽衣」の精霊
(魂?)から私に伝えたいメッセージがあればぜひ聞いてもらえま
せんか?とお願いしたところ、びっくりするようなストーリーが
その方から伝えられたのでした☆☆☆

「私はチャンパ王国から隋の皇帝に献上され、しばらくは
倉の中におりました。そして、遣隋使の船にのって日本にはるばる
やってきたのです。船から降ろされるとすぐに奈良の都・飛鳥に
運ばれ、推古天皇と聖徳太子に献上されました。他の香木に比べて
小さかったので、周辺の方々にわけられ、それぞれの場所に移動した
のです。やがて、ある斎王のお守りとして伊勢神宮にむかいました。
今回、貴方のところにやってきた理由は、人々の心の中の闇(苦しみ・
悲しみ・怒り)を祓い、光をそそぎ、魂を天に近づけるという使命が私に
あるからです。私をどんどんたいて、いろいろな方のお役に立てて
下さい!」

あまりに内容が壮大すぎて、このストーリーが真実かどうか
全くわかりませんが、私自身かなり驚きを覚えました!

なによりも「羽衣」の優しくたおやかな香りは私に至福感を与え、
特に心がおれそうになった時、癒してくれる大切な大切な宝物です。

「羽衣」の香気に触れた人は本来の自分自身を取り戻し、
本当にやりたかったことに気づいたり、人生で最も大切なことを
思い出したりすることが多いようです♡

9/19(月)13:15から六本木の国際文化会館セミナー室402で
行う聞香会で「羽衣」をたきますので、ぜひいらして下さい☆☆☆
ご予約・お問い合わせ:080-6552-4709 eriyo@arts-wellness.com





# by arts-wellness | 2016-07-19 14:44 | Comments(0)

変革の時


今年に入ってから、いろいろな小さなことが起こり、「自分はどのような人生を創造
したいのか」「日々の生活で気をつけた方が良いことは何か」ということを繰り返し、
体験を通して学んでいるような気がしています。

今年起こったちょっとした事件と学びについて。

【ニューデリーの国際空港で起きた窃盗未遂事件】
インド・ニューデリーの国際空港で、バンコク行きのタイ国際航空のフライトの
チェックインの後、離陸前に私のスーツケースと大きなダンボール2点が行方不明
というアナウンスがあったのです。ハンドバッグだけでバンコクのホテルに一泊した
翌朝、東京行きのANAのフライト直前にすべて綺麗なまま戻ってきました。
25時間以上の紛失ということで航空会社からは1万円の補償がありました。

飛行機の離陸前に空港内で預けたスーツケースが無くなるのは、普通は考えられ
ないことですが、記憶をたどると、チェックイン時に、怪しいインド人男性が、
私の荷物をカウンターに預けた時に手を貸して下さった後の行動がおかしかった
ので、おそらく、空港内で盗難にあいそうになったのだと思いますが、、、
バンコクから東京の便がビジネスクラスだったため特別な配慮があったことと
神様のはからいがあって、戻ってきたような気がしています。。。

幸いにも、結局、何もトラブルはなかったのですが、この事件からの学びは、、、
これから海外へ行く時は、大切なものは機内に持ち込むこと。紛失したら困るものは
預けるスーツケースには入れないこと。現地で購入したモノの領収書は持ち込みの
手荷物に入れておくこと。それから、どこにでもあるようなスーツケースには必ず
目立つ名札をつけて、カラフルなハンカチなど目印につけてチェックイン前に
画像で残しておくことです。

今回生まれてはじめてこんなことにあったので、調べたところ、航空会社からの
ロストバゲージの補償はスーツケース代を含めてせいぜい10万円くらいですし、
いつも使っている旅行保険はモノの紛失の補償が合計20万円までという上限が
あるようでした。そして、領収書がある方がスムーズに処理できるそうです。
もちろん、いくらお金をいただいても、二度と買えないものもありますから、
そのような価値のあるものは、海外には持っていかない方が良いのです。

今の時代、なにがおこるかわかりませんので、海外に行く時には細心の注意が
必要です!

そして、今年は「危ない地域」にはわざわざ行かないのが一番だと思います。

【MacBook Airの故障→復旧】
いつも使っているMacBook Air 11インチのキーボードに少量の飲み物をこぼして
しまい、電源が入らず、起動しなくなって、Apple原宿に持っていったら、お店の
人に「これはもう駄目ですね。新しいのを買って下さい。」と言われたのに、翌朝、
奇跡的に起動できて、今も普通に使えています。おそらく、サービスの人が
中をチェックしてから、水分を拭き取って下さったのだと思います。

お店の人の指示にしたがって、新しいMacBook Air 13インチを早速購入したの
ですが、今まで新製品購入するたびに毎回フルに利用していた「one to one lesson」
がもう今はないとのことで、アップルケア電話サポート(90日間無料サービス)
で、毎日いろいろな相談をしています。

私は20代からApple信者で、今まで3年毎に買い替えてきたのですが、
いろいろ考えてみると、Appleは、Steve Jobsさまが亡くなられた後、
全体的にサービスが悪くなっているように感じます。

もともとコンピューターは苦手なのですが、自分で操作をきちんと理解できる
ように勉強しないと、なにか問題が起こった時に困るなあと実感しています。
そして、データは毎週バックアップしておく必要があります!

悪いことが起こった直後はショックでしたが、それは気をつけなさいという「警告」
であり、なぜかいつも良い結果になっているので、「みえない存在」に常に守られ
ているのを感じます。

今年になってから、私のまわりでは、怪我をされたり、からだに痛みが出たりして、
体調をこわしている人が本当に多いのですが、私はおかげさまで、怪我も病気もなく、
日々健康に暮らせていますので、感謝しかありません。

トラブルが起こることで、そこから学びがあれば、致命的な状況を事前に避ける
方法を知ることになります!

今年は、いろいろな人間関係に関しても、今までは目をつぶっていたことが、
自分の許容範囲を超えると、心がおれてしまうので、一時的に手放すことを
学びました。

2016年秋以降は、すべての人にとって、「変革の時」になりそうな予感がして
います。

これからも、無理せず、自分らしく、魂の声を聞いてあげて、身体に悪いことを
避けて、ワクワクすることを選び、心地良く生きていきたいです。

表面的にとりつくろったり、「本当の自分」が望まないことをやり続けることが
できない時代に入っていくような気がするのです。

世の中は「光」と「闇」に満ちていますが、これからの世界は、ますます二極化
していくでしょう。私は「光」の道を歩くことを選びます。

「地球環境」「人の心身の健康と幸せ」をまず第一に考えて、好きなことを仕事に
して、これからも生きていきます☆☆☆



# by arts-wellness | 2016-07-16 17:17 | Comments(0)

新しい流れにのって


もうすぐ今年前半が終わりますね!

私は好きなことを仕事にしていて、それを「天職」だと信じ、楽しんで日々過ごして
いるので、気分転換のための趣味もなく、毎日仕事のことばかり考えて半年を過ごして
きました。

そして、ここ数週間、今までと違う「新しい流れ」を感じています。

スイス在住のフランス人との新しいご縁で、今年の秋にジュネーブに滞在することに
なり、自分の「役割」が少しずつ変化しているのです。

前回スイスに滞在したのは20年くらい前です。
アートコンサルタントとしてバーゼルのアートフェアの雑誌の取材を兼ねて、
その時親しかったスイス人のファミリーのお宅に泊まらせていただきました。

そして、今回もホテルでなく、新しい友人のお宅のゲストルームが滞在先になります☆

スイスはEUに加盟していないので、今起こっている騒動からも距離をおけそうです。

昨日、いつも私に助言をして下さる方から、「これからは、個人とのつながりを大切に
して、自分にしかできなことを少しずつすすめていくと良いですよ。」と言われて、
まさにそのような流れになっているので、本当にびっくりです。

世の中全体の流れとして、大企業の社員であっても人生が安泰とはいえない時代に
なっていますし、「ユニークな存在の個人」として、その人の仕事にお金を払って
くれる人や企業が存在すれば、個人事業で仕事をしていけるようになります。

自分でなくても、誰にでもできる仕事であれば、ロボットの方がはるかに効率良く
働けるような時代に入りつつありますから。。。

よ〜く考えてみると、昔、アートコンサルタントの仕事をしていた時も、
日本の伝統文化に魅せられた外国人美術家の展覧会の企画をメインにして
いたので、これからも、日本文化が大好きな外国人とともに仕事を広げていく流れ
になっているのかもしれません。

今までの人生経験をふりかえると、頭であれこれ考えて、がんばって自分から
動くよりも、私の仕事の分野をネットで検索して、私のホームページをご覧になった
上で興味をもって、むこうから積極的にアプローチして下さる人から仕事のオファー
をいただく場合の方が、当然のことながら、すべてスムーズに動き、良い流れになる
のです。

というわけで、今年後半は、周りからの動きに対して、誠実に自分が応えるという
感じで仕事をしていきたいなあと思っています!

もっと収入をアップしたいなあと思っても、そう簡単にはうまくいきませんが、
金銭的な収入を超えた「心の結びつき」から生まれる「目にみえない報酬」の方が
価値があると感じることも多いのです。

私の仕事に「大いなる価値」を見出して、それをうまく活かして下さる方を
これからも大切にして、日々感謝の心を忘れずに生きていきたいです☆☆☆

そして、なによりも自分の「直感」に従い、「心の声」にいつも正直でいたいです!















# by arts-wellness | 2016-06-27 09:19 | IRI | Comments(0)

ヨーロッパとのご縁


東京は今梅雨の時期ですが、ここのところクリアな天候が続いています☆☆☆

今年の夏至(6/21)になにか大きな変容が起こるような感じがしていて、インドと
タイへの旅から戻ってからは、家の中のいらないものを処分して整理整頓したり、
瞑想したり、自分自身をみつめる時間を大切にしてきました。

そして、先日、バーゼル在住のスイス人とドイツ人の美術家カップルが「書とお香の
ワークショップ」に、ジュネーブ在住のフランス人調香士と女医さんのお母様が
「お香のレクチャーと聞香会」にご参加下さり、皆さまから楽しく充実した時間
を過ごせましたというメッセージをいただきました。

さらに、調香士の女性から、勤務先の世界第二位の香料会社Firmenichの調香チーム
メンバー対象の「お香のレクチャーと聞香会とお香づくりの講座」のご依頼を
いただいたのです☆☆☆

スイスに行くのは約20年ぶりになります。
ジュネーブは国際都市でプライベートバンクが多いようですが、数年前から
顧客情報の提出の義務化により、新たな市場開拓の必要性から、中国の
富裕層のアクセスの向上を考慮して、北京ージュネーブの直行便が運航
するようになったと聞きました。

東京ージュネーブの直行便がないこともあり、スターアライアンスの
AIR CHINAの羽田ー北京ージュネーブの便を利用することにしました!
(ビジネスクラスが格安で、ANAのマイルに加算されるので、すごくうれしい!)

宿泊先は、調香士の女性からご自宅のゲストルームに何日でもお好きなだけ
滞在して下さいという夢のようなオファーを受け、心から感謝しております。

ジュネーブはフランス・イタリアの各都市へのアクセスが良く、今私が興味を
もっているリトアニア・グルジア・ベラルーシ・ラトビアなどの国々へも
フライトが多いようなので、本当に楽しみです。

2003年春にボストンから東京に戻ってきてから13年間、ずっと同じことを
続けてきて、ようやく香りの世界のトップクラスの専門家から認めていた
だけるようになり、本当に感慨深いです。

今年後半はもっとお香の世界を掘り下げて、ヨーロッパの人たちに満足いた
けるような内容の講座をつくり上げていきたいと思っています☆☆☆

日本という狭い枠を超えて、海外で新しい世界が目の前にどんどんひろ
がっていくのを感じ、ワクワクしています!
人生は楽しい冒険の連続ですね!













# by arts-wellness | 2016-06-19 09:47 | 和の香り体験ワークショップ | Comments(0)

静けさを感じる時間


ここ数週間はタイとインドに行く準備に時間とエネルギーを費やしていますが、
今日は今年になって初めてのんびりとすごしています。

静けさを感じながらゆったりと過ごす時間は、私の人生で大事で、
それがないと、「本当に大切なこと」がみえてきません。

facebookの投稿も必要最小限にしたいなあと感じています。
理由は眼が疲れるからです。

今は、なんとなく、「やってもやらなくても良いこと」や「私でなくても
他の人にもできること」は、できれば他の人におまかせしたいと感じて
います。

「1日24時間」という限られた大切な時間を「私にしかできないこと」
「本当にやりたいこと」に費やしたいのです。

今年からは、海外に行く用事が増えそうです。

まわりに振り回されないで、「人生で本当に大切なこと」に
時間とエネルギーを集中して、日々丁寧に暮らしていきたいと、
心から感じています。

ブログも月に2回は投稿したいのですが、なかなか時間がとれません。。。

海外レポートは、また改めてSNSで投稿いたします☆






# by arts-wellness | 2016-05-13 17:11 | Comments(0)

ワンネスへの目覚めの時


九州の皆さま、この度の罹災に対し、心よりお見舞い申し上げます。

毎日、 テレビやインターネットの報道をみて、胸が痛く、心苦しく感じて

います。これ以上、災害がひろがらないよう、心よりお祈りしております。


昨日、親しい友人が深刻なケガして手術を受けたと連絡を受けて、

入院先の病院にお見舞いに行ってきました。


いきさつを何度聞いても、普通だったらありえないような怪我ですので、

「なにか大きな意味がある」としか、考えられませんでした。


私は在日外国人の彼女に、英語で「良い意味でワンネスに目覚めるための

プロセス」ではないかしらと伝えました。立ち止まって、じっくり人生に

ついて考える貴重な時間を与えられたのだと思うのです。


人生で全く違う二つ以上の顔をもち、自己矛盾があるのに、それを無視して

ごまかしていたり、国であっても拝金主義・利権などの理由で、まともに

考えたらおかしい動きがある場合、それが人であれ、国であれ、一度

強制的にストップさせられて、軌道修正しないといけないような事態が、

昨年〜今年は起こっているのではないかと、直感的に感じたのでした。


今はもう、本音と建前とか、自己矛盾とか、悪しき慣習とか、これまでは

なんとなく大丈夫かなぁと思えていた「間違ったやり方」は、すべて立ち行か

なくなりつつあって、「ワンネスの状態」にむかわないと、うまくいかない

ような世界になってきたのではないでしょうか?


私自身も、今の人生のやり方で、なにか矛盾があれば、軌道修正していきたい

なと感じています。ほんとうに大切なことをいつも忘れずに生きていきたいと

願っています。


この地球上で、天災はもちろん避けられませんが、回避可能であるにもかかわず、

間違った対処方法による「理不尽な人的災害」から、もうこれ以上犠牲者が出ませ

んように。


新しい時代に、おだやかに移行していけますように。










# by arts-wellness | 2016-04-19 19:44 | Comments(0)

ここ1ヶ月くらい、目の前にあることに集中しながら、日々なすべきこと
に全力を傾けて過ごしてきました。

ブログを書く余裕がないまま、あっというまに4月がやってきますね。
世田谷の桜は、明日・明後日が見頃になりそうで、楽しみです☆

最近のニュースとして、3/22に初めて香研究会IRIとベラルーシ大使館の
共催イベントを無事に行うことができたことを、とてもうれしく思ってい
ます。

今日、ベラルーシ大使館で大使とイリヤさんと3人で反省会を兼ねて
打ち合わせをしました。

お二人から、これからも継続して私と一緒にイベントやツアーを開催
していきたいという熱心なご要望をお聴きして、感無量でした☆

エレーナさんのご紹介でご縁をいただき、まるでミラクルのような
スピードで、末永いおつきあいが始まったことに心より感謝しています。

「ミンスクの台所」のヴィクトリアさんには素晴らしいお料理をご用意して
いただいて、本当に有り難い気持ちでいっぱいです。

先ほど久しぶりに、宝塚に住む10年来の親しい友人と電話でお話をしました。
彼女のビジョンとしてみえる「私の過去世のイメージ」のひとつが、幻の王国
「桜蘭」が突然消え去った直後、家族全員殺されてしまった10歳くらいの王族
の娘(私の過去生)が愛する国を追われ、悲しみに震えながらも、3人のおつき
の男性に助けられ、馬にのって、東へすすむ姿であるらしいのです。

私とベラルーシとのつながりは、なにかみえない不思議なご縁が働いていると
感じています。

6月に『第2回森と湖の国ベラルーシの香り@ベラルーシ大使館』を
行います。

8月には、初めてベラルーシとリトアニアを訪ねるツアーを大使館の方と
一緒に企画します。


香研究会IRI のfacebookページで告知しますので、ご興味のある方はぜひ
おいで下さい!






# by arts-wellness | 2016-03-29 18:52 | 日々の想い | Comments(0)
先週、横浜インターナショナルスクールで20カ国以上の小学3年生の
子供たち対象に「お香の講座」をさせていただきました☆

昨日は、10年以上前からよく知っている米国育ちのイスラエル人の女性と
フランス人の女性と3人で、今年の秋に英語で行う「お香のレクチャー」について
打ち合わせをしました☆こちらも同じように20カ国以上の女性50名を対象
にするものです。

私のこれからの役割は、グローバルな視点をもつ日本人として、さまざまな国籍、
人種、年齢、文化、言語、宗教、食生活を含めたライフスタイル、さらに、
健常者・障害者の「違い」を超えて、「お香の力」を生かして暮らしに取り入れる
具体的な方法を伝えていくことかなと感じています☆

いろいろな背景をもつ人を香りでつなげることで、心がひとつになって、笑顔が
生まれる瞬間が一番よろこびを感じます☆

お香はもともと世界共通のユニバーサルな文化ですが、その良さが長い間忘れられ
ていました。

今の時代にあった地産地消のお香を使って、日常生活を豊かにして、認知症予防
や危機管理能力・自己防衛能力などの開発に役立てるようにしたいと思っています。

今年からはレクチャーのためのスライドの内容も少しずつ進化させていきます!
やっぱり仕事ではワクワクする気持ちが一番大切だと感じます☆









# by arts-wellness | 2016-02-25 11:38 | Comments(0)
2016年4月1日から、DMO六本木の正会員になることをきっかけに、
日本人の精神性と奥深い文化を世界に発信していくために、外国人対象の日本文化体験
WS(英語)を行っている仲間を募集いたします。

昨年の春、シンガポールのエスティローダーの研修担当マネージャーから突然
国際電話をいただき、企業研修の講師のご依頼を受け、ザ・リッツカールトン
東京で、お香の一日講座を外国人社員の研修の一部として開催していただいた
ご縁で、このたび、リッツカールトンの方が、私をDMO六本木の活動にお誘い
下さったのです☆

私は今から16年前に、米国レスリー大学大学院でExpressive Arts Therapy
(芸術療法)を学び、修士号MAを取得した頃、Center for Arts and Wellness
(CAW) という屋号で活動を始めたのですが、今でも、芸術とウェルネス
(健康増進)が、私の仕事のベースとなっています。

CAWの英語のホームページでは10年前から、能楽師大倉源次郎先生と行っている
能楽ワークショップや、文楽人形遣の吉田文司先生と行っている国立劇場の楽屋
ツアーを紹介しています。

ここ4〜5年は、お香の仕事が一番面白くなってきて、仕事の中心となっていま
すが、10代の頃から世界の文化に興味があり、10年間の海外生活と48カ国への
旅から得た異文化体験は、私の人生の一番の財産となっています。

日本の伝統文化は、海外からもたらされた文化を土着の文化と融合させて、時代と
ともに洗練させてきたものです。とくにお香の材料は「和の香り」とよばれるもので
さえ、すべて昔も今も輸入品です。

日本を訪れる海外からのお客様は、欧米より、中国、台湾、東南アジアの国々
からの人々が増えていて、買い物だけでなく、最近は日本文化体験プログラムに
人気が高まっています。

お香の材料や香文化の歴史について縄文時代にまでさかのぼってお話をして、
アジアやアラブの国々の自然の恵みと日本文化に影響を与えてくれた外国人への
「感謝」の気持ちをお伝えすると、子供からお年寄りまでとても喜ばれて、「共感」
され、笑顔を浮かべて下さいます。

「感謝」と「共感」は大切なキーワードです。
そして、どんな仕事でも、人のこころとからだとたましいが元気になること、
地球環境にとって良いこと、戦争・紛争のない平和な社会につながることが、
とっても大事だと感じています。認知症など社会的な課題の解決につながることも。

茶道、華道、書道、日本料理、日本舞踊、能楽、文楽などに携わる方で、外国人対象に
ワークショップを開催できる方を募集しておりますので、ご連絡おまちしております。

表面的な内容でなく、日本の伝統文化の歴史的背景や精神性の奥深さを理解されて
いる方を広く求めております。

渡辺えり代
080-6552-4709 eriyo@arts-wellness.com







# by arts-wellness | 2016-02-09 11:59 | CAW | Comments(0)